†Alice's GAME†
無慈悲な女王の首を狩れ

スポンサーサイト  --/-----:---スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『アゲハ蝶』  07/11-00:00-歌詞

ヒラリヒラリと舞い遊ぶように
姿見せたアゲハ蝶
夏の夜の真ん中 月の下
喜びとしてのイエロー 憂いを帯びたブルーに
世の果てに似ている漆黒の羽

旅人に尋ねてみた どこまで行くのかと いつになれば終えるのかと
旅人は答えた 終わりなどはないさ 終わらせることはできるけど

そう…じゃぁ お気をつけてと見送ったのはずっと前で
ここに未だ還らない
彼が僕自身だと気付いたのは
今更になってだった

あなたに逢えた それだけでよかった
世界に光が満ちた
夢で逢えるだけでよかったのに
愛されたいと願ってしまった
世界が表情を変えた
世の果てでは空と海が交じる

詩人がたったひとひらの言の葉に込めた 意味をついに知ることはない
そう それは友に できるならあなたに届けばいいと思う

もしこれが戯曲なら なんてひどいストーリーだろう
進むことも戻ることもできずに
ただひとり舞台に立っているだけなのだから

あなたが望むのなら この身など
いつでも差し出していい
降り注ぐ火の粉の盾になろう
ただそこに一握り残った僕の想いを
すくい上げて心の隅において

あなたに逢えた それだけでよかった
世界に光が満ちた
夢で逢えるだけでよかったのに
愛されたいと願ってしまった
世界が表情を変えた
世の果てでは空と海が交じる

荒野に咲いたアゲハ蝶
揺らぐその景色の向こう
近づくことはできないオアシス
冷たい水をください
できたら愛してください
僕の肩で羽を休めておくれ
スポンサーサイト

ひらひらり。  07/11-00:00-雑談

はい、どーも。
ジダンの頭突き退場が
未だに気になる時雨です。
あー…何て言われたんだろ…気になる。
頭突きはないだろ、頭突きは。





月に~に、久しぶりに!!
「散る花 咲かす花」を書きました~♪
“籠の中の鳥 前、後編”です。
多分忘れられていると思うので、
改めてざっと概要を書きます。

+花白:紅花の双子の兄。外見15歳。伊達眼鏡着用。
     担当は“強制送還”。

+紅花:花白の双子の妹。外見15歳。花の髪飾り着用。
     担当は“懐中時計”。

+那蔓:占い師。外見18歳。体中に不思議な刺青。
     紅に惚れている。

んで、今回は出てきてませんが

+蓮華:花売り(魂売り)。外見23歳。
     巳露の古くからの友人。

+巳露:花白と紅花の母親。
     滅多に口を利く事も表情を出す事もなく、
     蓮華が時々売りに来る魂等を食べて生きている。

+葵一:花白と紅花の父親。
     この話の中で唯一の“人間”。
     巳露に一目惚れし、
     自分が死んだら魂を渡す、という契約で結婚してもらった。

…そういえば、こんなんでしたね。
自分でも忘れてたんだもん!爆。
那蔓に関しては、今回新しい設定も加わっています。
あと…紅のペットが出てきたり。
このシリーズ(?)は最終話だけは考えてあるのですが、
書いてて楽しいのでもちっと続けようと思ってます。






昨日のなぞなぞ。ヒントです。
『10メートル先』とありますが、
“先”か“後”かはぶっちゃけ関係ないです。
あと、問題の言い方を少し変えてみましょう。

Q.10メートル先にあるのは誰ン家?

さぁ、がんばれ。笑。













                ~本日の一曲~
             アゲハ蝶/Porno Graffitti

やたら懐かしいです。急に聴きたくなった。
この曲は色合いが綺麗なので好きですvv

  top  

«  2006-07  »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Appendix

時雨

時雨

このままじゃ嘘になる

Recent Entries

Categories

Monthly




skin:8775/photo:MIZUTAMA

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。