†Alice's GAME†
無慈悲な女王の首を狩れ

スポンサーサイト  --/-----:---スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『肌寒い季節の夜明け』  01/30-00:00-歌詞

部屋の片隅に忘れていった思い出は
やりばのない悲しみで失ったものをつきつけた

遠くなる君の影をいつまでも見送っていた
途絶えた・・・途絶えた 君との永い春も

肌寒い季節の夜明け また僕は手を差しのべた
面影はいともたやすく指の隙間をすり抜ける

またいつかここで会えるのなら
またいつかここで笑えるのなら
僕はいつまでも君を待つよ
変わることのないこの部屋で

六月。三日目の夜にすべてを失った

遠くなる君の影をいつまでも見送っていた
途切れた・・・途切れた 君との最後の道

肌寒い季節の夜明け 君のための秘密の歌
思い出の日々をこうして僕は指折り数えてた

泣いて知った想いの数 咲いて散った二つの花
そして知った二人の距離

指を絡める事はもうない・・・
スポンサーサイト

  top  

«  2017-06  »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Appendix

時雨

時雨

このままじゃ嘘になる

Recent Entries

Categories

Monthly




skin:8775/photo:MIZUTAMA

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。