†Alice's GAME†
無慈悲な女王の首を狩れ

スポンサーサイト  --/-----:---スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『雪月花』  12/29-15:33-歌詞

遠回りの道を選ぶ 歩幅はいつもよりせまく
見上げた空に吸い込まれて 消えてしまいそうな夜に

寒くて二人で握った手に伝わる温もりに 微笑む

滔々と雪は降り続ける 君の吐く息が白く雪にとける

降り積もるのは雪なのか・・・それとも焦がれた想いか・・・

ふれていて・・・

皓々と月は照らし続けた 焦る事のない時間が流れ
指にふれ とけるたびに鈴のように 静かな空気が凛と凛と鳴る

来し方の情景詩 いまだに霞むことなかれ

滔々と雪は降り続ける 降り続ける雪が白い花にみえる
滔々と想いは積り続ける 君の吐く息が白く花にとける

今でも確かに静かに降り続けている
スポンサーサイト

  top  

«  2017-08  »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Appendix

時雨

時雨

このままじゃ嘘になる

Recent Entries

Categories

Monthly




skin:8775/photo:MIZUTAMA

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。