†Alice's GAME†
無慈悲な女王の首を狩れ

スポンサーサイト  --/-----:---スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ジングルベル(仮)』  12/25-00:00-歌詞

もう震える事ないんだよ。
だって粉雪のおうちがあるでしょ。
それに、真っ赤なお鼻のサンタさんに、
ひげむくじゃらのトナカイが。
それじゃやっぱり役不足ですか?

雪がこんこんと。貴女は昏々と。
降っても降ってもまだ降りやまぬ、わたあめのシャワー
It's a fine day.
Ne vous inquie'tez pas du landemain.
寝顔にそっと。
春までオヤスミな。

なかなかどーして雪ってのも
冷たい様であったかいもんだね。(逆も然り)
「あぁ!」って、むしゃくしゃしたら
雪ダルマでもぶっ壊せばいいんです。
猫がコタツでやけどしてる間に、ほらはやく。

雪は延々と。貴女はえんえんと。
泣いても泣いてもまだ泣きやまぬ、あなたのスコール。
It's a rainy day.
Apre's la pluie,le beau temps.
頬ぬぐって。
「涙の数だけ強くなれる」っていうけど
幸せも逃げちゃうぞ。

雪を泪に例えるのはもうよしとしましょうか。
でもそれじゃ割にあいませんか?

So,jingle your nose.
Tissues?
Have all you'd like.
スポンサーサイト

  top  

«  2017-10  »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Appendix

時雨

時雨

このままじゃ嘘になる

Recent Entries

Categories

Monthly




skin:8775/photo:MIZUTAMA

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。