†Alice's GAME†
無慈悲な女王の首を狩れ

スポンサーサイト  --/-----:---スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『すんげー前向きな唄2』  12/30-00:00-歌詞

うつむかずに、下向かずに、前だけを見て歩いてりゃ、
そりゃ石コロにだってつまずくさ。
うつむいてたら、下向いてたら、前みてたって、
いつか道に迷っちゃうでしょ。

腐ったリンゴは舌っ足らずの舌噛み切ろうとしました。

「裸の王様現象」に自分の手で句読点の句を詠とうとしたんです。

白○姫に言わせてみりゃ
「毒リンゴよりかはまだマシね」
…ってな具合に毒吐いてたよ。

で、残ったリンゴは舌先三寸舌の根乾かぬうちに

「王様の耳はロバの耳」しちゃって、
それなのに余裕のよっちゃんでzzzしたんです。

それをみたピ○キオいわく
「僕のより高々なんだね、
 打出の小槌ででもどついてあげようか?」

うつむかずに、下向かずに、上だけをみて歩いてりゃ、
「ソレ」は越えられるはずさ
うつむいてたら、下向いてたら、夢みてたって、
いつか「ソレ」にぶつかっちゃうでしょ。

たまにゃ地面にうつった自分の影ばっかみてないで、
その影追い越せる様に歩いてみな?
なんかわかるかもね。

きっと、うつむかずに、下向かずに、前だけをみて歩いてりゃ、
「犬も歩けば棒に当たる」さ(字余り)
もし今、うつむいてんなら、下向いてんなら、
後ろばっかみちゃうんなら、ひと休みでもすれば?

焦らず急げ、跳ねずに翔べ。
スポンサーサイト

  top  

«  2017-08  »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Appendix

時雨

時雨

このままじゃ嘘になる

Recent Entries

Categories

Monthly




skin:8775/photo:MIZUTAMA

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。