†Alice's GAME†
無慈悲な女王の首を狩れ

スポンサーサイト  --/-----:---スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ブリキの旗』  01/15-00:00-歌詞

青の空は小さな不安を隠すため
灰色の思い出を空に敷き詰めました
僕の空が小さな想いを告げるとき
何もないあの丘には何かが咲くでしょう・・・君のために
揺れていた・・・不思議な情景がみえる
あの丘でブリキの旗を掲げてるのは誰?
僕等はいつでも答えを求めて歩き続けてる
たとえ一人でも一人きりでも歩き続けてる
ゆっくりとしたリズムで焦らず歩み続けて
一つ一つ噛み締めて

君と小さな花になろう二人で揺れていよう
想いを告げ告げられて・・・そんな二人でいつづけていよう
真実の上揺るぎないブリキの旗掲げて不器用にただ君を待ち続けた
君と小さな花になろう風に吹かれていよう
想いを告げ告げられて・・・そんな二人でいよう

届け!届け!君のところへ!この想いよ、
もしも君に届いたなら・・・返して・・・
君と小さな花になろう二人で揺れていよう
想いを告げ告げられて・・・そんな二人でいよう

君が僕の傍にいて僕が君の傍にいる
そんな二人でいつづけよう
言葉は君に届かない風に掻き消されてしまう 
言葉はやがて想いとなりあの丘で花となる・・・

スポンサーサイト

  top  

«  2017-10  »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Appendix

時雨

時雨

このままじゃ嘘になる

Recent Entries

Categories

Monthly




skin:8775/photo:MIZUTAMA

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。